大きなリビングを使いこなさないなんてもったいない

住まいを建てるときリビングを広くしてほしと望むユーザーは多い。特に何をしたいのかが明確でない方もとにかくリビングは広く広くと要望する。案外、住み始めると広くとったリビングが閑散としてしまう家も多いのだが、広いリビングには何かしらの憧れがあるのだろう。
通常、リビングにはソファやTVがおかれることが多い。住まいの最も環境の良い場所でもあるので、ソファでくつろぎながら映画を観たりスポーツ観戦ができたりすると、充実した休日の午後が手に入る。そんなイメージでリビングを広くしたい方も多いのだろうが満喫できるリビングになっていません?

家族団らんを夢見てリビングを広くしたいと考えるユーザーもいらっしゃるのですけれど、家族団らんのシーンをちょっとイメージしてみると、案外炬燵でミカンとか、家族で鍋をつつくとかだったりしませんか。さらに家族団らんに最も適している広さは4畳半と言っている方もいらっしゃるほど、狭いほうが家族のコミュニケーションをとりやすいのかも。

では、広いリビングでは何をする?お勤めは家族が好き勝手勝手なことをしながらひとつの部屋に集まる場所。お母さんはネットでブログの書き込みをし、お父さんは好きな雑誌をソファに寝っ転がって眺め、お兄ちゃんはTVゲームを大画面で楽しみ、お姉ちゃんはお母さんと一緒にネットを楽しむ。それぞれが干渉しない距離や空間を確保するためにリビングの広さが必要なんです。中途半端な広さのリビングだと、家族がそれぞれに個室にこもりながちになるところを、広いリビングが家族のコミュニケーションを育むのでは。

「大きなリビングを使いこなさないなんてもったいない」への1件のフィードバック

WordPress コメントの投稿者 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です