一枚の拓本から‥(続編)

 

竹林のすき間から、牛久沼を望む小径を

歩いていくと、樹齢400年のシイの木下に

「河童の碑」がありました。

 

 

 

根府川(小田原市)の自然石に刻まれた

日本画家  小川 芋銭(うせん)作

「河童図」の複製画と画賛。

沼畔の自然に、調和しています。

 

 

「誰 識 古 人 画 龍 心」

昔の人は、龍を描いて大自然の偉大さを表現したように、私は自然界に在るものの不思議から、大自然の法則「道」の探求に生涯を捧げているが、誰か、理解してくれる人がいるだろうか‥。

老荘思想が根底に、芋銭哲学の奥深さを感じます。

 

 

 

河童は「代名詞」!

水辺の生物や魑魅魍魎(ちみもうりょう)への関心が高く、

河童の絵を多く残したことから「河童の芋銭」として知られています。

伝説の中の河童は、軽妙で愛嬌ある性格。

自然界の不思議を語るシンボルとして、数々の作品に登場します。

 

画号「芋銭」とは?

自分の絵が「芋を買えるくらいの銭(お金)になれば‥」という思いが

込められているんだそうです。

今の時代ですと「家」を買えるくらいの‥となるのでしょうか。

 

松尾芭蕉・旅心への憧れ

仙境を求め、旅先で見つけた自然・人とのふれあい・歓喜を描き、

心情を俳句に詠んでいます。 俳人「牛里」号

「鷹鳴て蘭若の秋の晴に坐す」 丹波-石像寺にて

 

弱気を助け、強気を挫く!

「河童の碑」は、俳人  西山泊雲氏らによって建設されましたが、

功労者の名前は、刻まれていません。

真の善意を生きた芋銭氏の精神を、後世に引き継ぐ思いが

込められています。

ひ弱な身体での丁稚奉公、画家への志、修行によって人間性を

培い、老荘思想を学び、宇宙の法則に従って、自然体で

生きた人。

逸話の数々から、

多くの人に敬愛されていたことがうかがえます。

 

 

一枚の拓本から、

小川 芋銭氏(1868年~1938年)の足跡を辿り

「慶応」時代に思いを馳せました。

SNS全盛期を生きる現代人に

先達の人生観は、一石を投じてくれることと思います。

 

 

トトロほど可愛くないけれど?!

書画の表装をされているお客さまから、牛久沼「河童の碑」の拓本をいただきました。

昭和26年、先代お父さまが、原形保存のため、写し採られたものだそうです。

縦147㎝×横153㎝、薄墨色の実物大コピ-です。

 

68年の歳月を経て、

立派な額装でお目見え!

 

 

 

 

空想の生物「河童」は、トトロほど可愛くないけれど、愛嬌があります。

「河童の碑」に込められた想いを知りたくて、牛久沼へ出かけました。

次回へつづく‥