一枚の拓本から‥(続編)

 

竹林のすき間から、牛久沼を望む小径を

歩いていくと、樹齢400年のシイの木下に

「河童の碑」がありました。

 

 

 

根府川(小田原市)の自然石に刻まれた

日本画家  小川 芋銭(うせん)作

「河童図」の複製画と画賛。

沼畔の自然に、調和しています。

 

 

「誰 識 古 人 画 龍 心」

昔の人は、龍を描いて大自然の偉大さを表現したように、私は自然界に在るものの不思議から、大自然の法則「道」の探求に生涯を捧げているが、誰か、理解してくれる人がいるだろうか‥。

老荘思想が根底に、芋銭哲学の奥深さを感じます。

 

 

 

河童は「代名詞」!

水辺の生物や魑魅魍魎(ちみもうりょう)への関心が高く、

河童の絵を多く残したことから「河童の芋銭」として知られています。

伝説の中の河童は、軽妙で愛嬌ある性格。

自然界の不思議を語るシンボルとして、数々の作品に登場します。

 

画号「芋銭」とは?

自分の絵が「芋を買えるくらいの銭(お金)になれば‥」という思いが

込められているんだそうです。

今の時代ですと「家」を買えるくらいの‥となるのでしょうか。

 

松尾芭蕉・旅心への憧れ

仙境を求め、旅先で見つけた自然・人とのふれあい・歓喜を描き、

心情を俳句に詠んでいます。 俳人「牛里」号

「鷹鳴て蘭若の秋の晴に坐す」 丹波-石像寺にて

 

弱気を助け、強気を挫く!

「河童の碑」は、俳人  西山泊雲氏らによって建設されましたが、

功労者の名前は、刻まれていません。

真の善意を生きた芋銭氏の精神を、後世に引き継ぐ思いが

込められています。

ひ弱な身体での丁稚奉公、画家への志、修行によって人間性を

培い、老荘思想を学び、宇宙の法則に従って、自然体で

生きた人。

逸話の数々から、

多くの人に敬愛されていたことがうかがえます。

 

 

一枚の拓本から、

小川 芋銭氏(1868年~1938年)の足跡を辿り

「慶応」時代に思いを馳せました。

SNS全盛期を生きる現代人に

先達の人生観は、一石を投じてくれることと思います。

 

 

トトロほど可愛くないけれど?!

書画の表装をされているお客さまから、牛久沼「河童の碑」の拓本をいただきました。

昭和26年、先代お父さまが、原形保存のため、写し採られたものだそうです。

縦147㎝×横153㎝、薄墨色の実物大コピ-です。

 

68年の歳月を経て、

立派な額装でお目見え!

 

 

 

 

空想の生物「河童」は、トトロほど可愛くないけれど、愛嬌があります。

「河童の碑」に込められた想いを知りたくて、牛久沼へ出かけました。

次回へつづく‥

8/25(日) TOTOお客様感謝祭!

春秋恒例の「お客様感謝祭」のお知らせです。

チャリティ-バザ-に於きましては、前回に引き続きソ-イングでお手伝いさせていただきます。

「お好きな生地で、ホ-ムウェアを縫います!」

布帛生地30種の中からお好きな柄をお選びください。

秋色の生地を厳選しました。

デザインは、2種のどちらか、   サイズは、S・M・L・LLをご用意しました。

 

残暑厳しい折、ご来場いただきました方々に目黒OGGI(オッジ)のメ-プルプランタニエを差し上げます。

どうぞ、お時間がございましたら、お出かけください。

夏においし~い!!「韓国冷麺」

椅子用ファブリックスで、旅館「美山」さんの座布団カバ-を作りました。

 

和畳に合う金糸の松葉模様、赤と緑です。

 

 

リ-ズナブルなお宿です。

朝のお庭散策が、おすすめです!

 

 

 

 

細麺の韓国冷麺を、自家製味噌でいただきました。氷を浮かべてさっぱり、そして甘味のある辛さが、とても美味でした。

 

 

ミシンシェアしませんか?

お客さまから、工業用ミシンをお譲りいただきました。

生前お母さまが、縫製のお仕事に使われて、ずっと部屋の片隅に置かれたままだったそうです。

電源を入れると、モ-タ-が始動し、一定の回転音が流れます。

鉄の塊なので、ミシン本体下のオイルパンを満たし、循環させて使用するミシン‥というより、マシン(機械)ですね!

 

 

馬力、安定感抜群です!

 

 

 

消耗品交換程度のメンテナンスで、ようやく表舞台に!

 

 

 

今は、何でもネットで売れる時代です

お母さまの思い出ミシンを「使っていただける方に差し上げたい!」とお譲りくださったお気持ちを、洋裁大好きッ!な人たちとシェアしたいと思っています。

 

DIYを応援します!「秘密基地」編③

「秘密基地」は、別名「七輪酒場」でもあります。

夜な夜な、懐メロを聞きながら

飲んでいらっしゃるそうです。

定員5名(2.5坪)

 

モツ焼きと目光で、ビ-ル・焼酎が定番とのこと。

さすがッ炭火!焼き加減がサイコ-ですねェ~。


週末は、気心の合う友人たちと七輪を

囲んで、談笑しています。

折り畳み式ダクトで、煙は外へ。

 

ミニ冷蔵庫、叩くと機能するエアコン完備。


「秘密基地」いかがでしたか?

あなたの生活スタイルを演出するお手伝いをいたします。

建築資材に関すること、施工方法など、お気軽にご相談ください。

DIYを応援します!「秘密基地」編②

前回に引き続き、内装をご覧ください。

左の壁は、

針葉樹合板にペイント。

LED電球。

右の壁は、杉の腰板と漆喰仕上げ。

壁ボ-ドには、ツ-リング写真と、本日のメニュ-??

 

作業台、棚、工具箱を作製。

 

 

 

 

カラフル塗装で、アメリカンインテリアに。

DIYを応援します!「秘密基地」編

つくば市にお住まいの梅原さん。

休日を利用してお庭の一隅に、作業用の小屋(=秘密基地)を建てられました。


小型コンクリ-トミキサ-

つい、何で持ってるの?と

聞きたくなります。

 

 

自作のベンダ-(鉄筋折曲機)

ない道具は、作ってしまうなんて‥The 職人ですね。

大工仕事のポイント(要点)

よくご存じです!鉄骨柱を溶接中。

 

 

 

 

 

脚立を使って、天井・屋根も、一人で上げました。

躯体完成!

「ポーセリンアートを楽しむ会」ご報告

6/14(金)いごこち体感室にて

マリ-の家  大澤喜代子先生と

「ポ-セリンア-トを楽しむ会」を開催いたしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

Lianさんのシフォンケ-キと、10種フル-ツ盛合わせでおもてなし!

10名の方々との楽しい交流会でした。

 

「完成ま・ぢ・か見学会」お知らせ

 こだわりシニア世代の方のための

 本物の木の家

 「完成ま・ぢ・か見学会」です!

 

5月19日(日)~25日(土)

9:00am~18:00pm 予約制

水戸市平須町(ご予約の方に、お知らせいたします。)

見学をご希望される方は、

下記まで、ご連絡をお願いいたします。

TEL 029-222-9225

E-mail    info@confort.ne.jp